医療介護サービス特化の危険予知:思考スキームに基づいた多職種連携の危険予知研修

教育理念

医療や介護、福祉といったヒューマンケアサービス(Human Care Service)を対象とした科学的研究・教育が世界的に広がっています。「医療サービス科学」や「介護サービス科学」と呼ばれるこの新しいアプローチの科学には、二つの視点があります。

一つは、人間の価値観や社会的要素を重視する、ソフトサイエンスであるということです。従来のヒューマンケアの各分野ではディシプリン型の視点から、様々な知見が蓄積されてきました。医療サービス科学、介護サービス科学ではそれらディシプリン、各分野での知見、さらに現場の実践知を統合し、トランスディシプリン型、統合的視点を指向したものです。

二つめは、ヒューマンケアサービスにおけるイノベーション(新しい展開の知識生産)を重視し、いかにして新しい知識生産を行うべきかというメタサイエンス的視点を指向しているということです。

たとえば、患者や利用者に応じたサービス価値、思考レベルでの多職種連携、医療・介護サービスの統合的なプラットフォームなど、従来型の個々の学問領域では扱いにくかった視点がテーマとなるでしょう。

この研修会・通信講座では、医療サービス科学や介護サービス科学を基にした様々な新しい知識を学ぶ機会を広く提供しています。

受講者のみなさんが、我が国のヒューマンケアサービスの発展と新しい展開に貢献することを願っています。

© 2014 思考スキームに基づいた多職種連携の危険予知研修(一般社団法人知識環境研究会). All rights reserved.