ヘルスケアサービスの多職種連携学

通信講座の概要

「ヘルスケアサービスの多職種連携学」の概要は以下のとおりです。みなさまのご参加をお待ちしております。

学習方法 郵送による通信教育(全15回)
受 講 料 14万5,000円(税込み)
対  象 ヘルスケアサービスに携わる方 等
講  師 佐々木由惠(日本社会事業大学教授)ほか   ◎詳細
到達目標 多職種の効果的なコミュニケーションを促し、多職種連携の現場をマネジメントすることができるようになる
認  定 「ヘルスケアサービスの多職種連携学」修了資格認定
お申込み ※現在、2015年1月開講の受講予約を受付中です。本サイトのフォームからお申込みください。
事務局からの返信メールをもって予約完了となります。  ◎詳細

ねらいと資格

医療・介護等、ヘルスケアサービスの多職種連携について、基礎から応用まで事例を交えて学びます。多職種連携の現場をマネジメントするスキルを身につけます。

全15回のうち8回は、事例を基にした実践的な添削指導があります。

学習内容 添削内容
第1回 サービスとは何か:ヘルスケアサービスの特性 課題添削
第2回 多職種連携とは何か 課題添削
第3回 自分の周りにある多職種連携:アクター図 課題添削
第4回 多職種連携のアクター図作成演習 事例添削
第5回 思考スキームとは 課題添削
第6回 自分の思考スキームを表現する 事例添削
第7回 他職種・他者の思考スキームを表現する(推測) 事例添削
第8回 患者・サービス受容者・他者の思考スキームを表現する(推測) 事例添削
第9回 他者の思考スキームを踏まえてどうサービス提供するか考える 事例添削
第10回 サービスデザインマップ 事例添削
第11回 サービスデザインマップ作成演習(a) 事例添削
第12回 サービスデザインマップ作成演習(b) 事例添削
第13回 サービスデザインマップ作成演習(c) 事例添削
第14回 過程展開 事例添削
第15回 導入に向けて 事例添削

講師紹介

佐々木由惠(ささきよしえ)

日本社会事業大学社会福祉学部福祉援助学科教授。看護師・助産師・社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員。日本女子大学大学院人間生活学研究科博士後期課程修了。臨床看護師、助産師を経て、看護師や社会福祉リーダー人材の養成、ケアに関する数々の研究に従事。介護保険施行後は、訪問介護サービス、グループホーム、デイサービス等の事業所を創業、経営者として、理論を実践している。

受講申込み

  • 受講申込みは下記のフォームからお願いいたします。
  • 受付が完了しましたら、事務局より確認のメールを送付いたします。
  • お申込み後、2日経過しても事務局から確認のメールが届かない場合、たいへんお手数ですが、お電話にてお問合せください。

[必須]項目は必ずご入力ください。

お名前 [必須]
フリガナ [必須]
性別  
メールアドレス [必須]
例:example@ackk.or.jp
メールアドレス確認 [必須]
確認のため再度ご記入ください
郵便番号 [必須]
例:101-0044
住所 [必須]
教材の送付先をご記入ください
電話番号 [必須]
例:09081228900
お問合せ内容

個人情報保護方針

上記のお問合せフォームから情報を送信する前に下記の「個人情報保護方針」をご一読の上、「個人情報保護方針」にご同意頂ける場合は、「同意する」にチェックをお願いします。

  1. 個人情報の利用目的

    • いただいた個人情報は本講座の運営目的のみに使用します。
    • これらの情報を第三者に開示、提供することはありません。
  2. 個人情報の取扱いについて

    • 個人情報は第三者に漏洩することのないよう厳重に管理いたします。
    • 個人情報の紛失、毀損、改ざんおよび漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。
    • 外部への持ち出し、送信等により個人情報を漏えいさせないよう、対策を講じます。
  3. 個人情報の取得について

    お申込み・お問合せの際、必要に応じてお名前、メールアドレス、その他の個人情報のご提供をお願いする場合があります。

  4. 開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口について

    個人情報の取扱いについて、ご意見、ご質問等のお問合せがございましたら、次の連絡窓口にご照会ください。電子メール:info@ackk.or.jp

お問合せ

銀行振込について

  • 振込先の銀行口座情報は、事務局からお送りする「予約確認メール」中に記載します。
  • 振込み名義が参加者の氏名と異なる場合、事務局までご一報ください。
  • 研修開催日の3日前までにお振込みくださいますようお願いいたします。

キャンセルポリシー

  • 何らかの事情でご予約をキャンセルされる場合には、前日までに事務局へご一報ください。折り返し、事務局よりキャンセル確認の返信(メールもしくはFAX)をお送りします。キャンセル料はかかりません。
  • 事務局への連絡なく当日欠席された場合、受講料の全額を申し受けます。
  • 自然災害や不測の事態によって研修が中止となる場合がございます。その際は、振込み済の受講料を全額返還させていただきます。ただし、交通費や宿泊費等の補償はできかねますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。

お問合せ

本研修についてのお問合せは 一般社団法人知識環境研究会までご連絡ください。

一般社団法人知識環境研究会 研修事務局
〒101-0044東京都千代田区鍛冶町2-11-22第二神田ビル13号
電子メール:info@ackk.or.jp
TEL:03-3252-2472
FAX:03-6779-4703


本研修の根拠となる研究成果

本研修は一般社団法人知識環境研究会と日本社会事業大学佐々木研究室の共同研究の研究成果の一部です。

  • 神山資将、佐々木由惠(2013)「思考スキームに基づいた、医療介護連携危険予知トレーニングの開発-専門職間の協働・教育方法論として-」第21回日本介護福祉学会大会(熊本学園大学)2013年10月20日
  • 神山資将、佐々木由惠(2013)「KBMに基づいた、医療・介護職間の危険予知トレーニング」第3回知識共創フォーラム、国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学、2013年3月3日(共創賞受賞)
  • 神山資将、佐々木由惠(2014)「思考スキームに基づいた、医療・介護職間の危険予知トレーニング」日本医療マネジメント学会第14回東京支部学術集会、2014年3月1日
  • 佐々木由惠、神山資将(2014)「思考スキームに基づいた、医療・介護職間の危険予知トレーニング〈特集3リスク感性を高める〉」『臨床老年看護』vol.21,no.1.(2014年1・2月号)
  • 神山資将、佐々木由惠(2014)「医療介護連携危険予知トレーニングにおける知識共創」第4回知識共創フォーラム、国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学、2014年3月17日

© 2014 思考スキームに基づいた多職種連携の危険予知研修(一般社団法人知識環境研究会). All rights reserved.